読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身につまされる話だな

自分も10〜20代の青春のほぼ全てを、雑誌投稿に費やしたしな〜。

後はゲーセン通い。

折角の青春なのに、一般的なジャンルにはロクに踏み入らなかったわ。

投稿人としての自分に全てを求めていたから。

それにすがって生きていたと言っていいわ。

趣味でなく心の支えだったもん。

味気ない青春を過ごしたのは確かだが、逆に投稿界入りしていなかったら中学の頃で自殺していたかも知れんし。

そうした経過の先に後の活動や日々があるのだから、後悔は別にしてはいない。

他のこともいろいろやったらよかったな〜とは思うが。

その辺を反省して、自分の子にはいろんな世界を見てほしいと思う。

打ち込めるものがある一方で、それ以外のことにも目を向けられる余裕を持ってほしいって。

そうした環境と指針を示してやるのが親の務めだと思う。

大喜利だけが生きていることを実感できる場所だった――“伝説のハガキ職人”ツチヤタカユキが戦い続けた“カイブツ”の正体

(日刊SPA! - 02月27日 16:10)