読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NewCX-5 灯火類、ワイパーの適合確認

ランプ&ワイパーメーカーのPIAAさんの技術の方を含めた4名が

NewCX-5の灯火類及びワイパーの適合確認に来てくれた。

ワイパーは、ガラスに押し付ける力を計測し、

霧吹きで吹いた水を現行のPIAA製品で拭いて筋が残らないかなどのテストです。

現行商品で問題ないとのことで【 AERO VOGUE 】を装着。

これはシリコンゴムを採用しているので、

使用しているうちに勝手にガラス面にシリコン被膜を作ってくれ、

いつのまにか撥水コーティングされているというスグレモノ。

ぼくの大好きなワイパーです。

つか、これ一回使っちゃうと他のは使えなくなります。

次に内装の灯火類。

フロント側、センター、トランクの3か所のルームランプと

ナンバー灯、全てをLED化しました。

一般的なものが80ルーメンに対し100ルーメンなのでとても明るいです。

白くて明るくて、レトロチックな光からやっと現代っ子になりました。

特にナンバー灯は白熱球だとかっちょよくないと思います。

あと、ウィンカー。

ドアミラーに埋め込まれているウィンカーは最初っからLEDなのに、

前後のウィンカーがなぜか白熱球。

点滅にメリハリがなくぼわんぼわんしててかっちょよくない。

やっぱパキッパキッと光るLEDはかっちょいいねぃ。(動画参照)

しかも、今回装着したLEDは、PIAAさんがBMWやレクサスように開発した

ハイフラ防止回路内蔵のLEDで、MAZDA車には初めて適合確認したらしいです。

ちょっとお高いけど、ハイフラ防止回路を組む手間が無いので

その工賃を考えると結局コストは変わらないのかな。

光っていないときだって、オレンジ色の白熱球が透けて見えるから

なんだか残念な外観になっちゃうけど、LEDだとウィンカーが透明に見えるので

やっぱかっちょいい。

この部分は、実車見ないと実感ないかもしれないけど、

気にして見ちゃうとすんごい印象が変わります。

内外装丸ごとLEDキット(KE型CX-5、KF型CX-5)と

LEDウィンカーキットは近日発売しますので、期待しといてください。

<参考動画>

NewCX-5 LEDウィンカーと純正ウィンカーの光り方の違い

左:LEDウィンカー

右:純正ウィンカー(白熱球)

LEDの方がメリハリがあって、圧倒的にかっちょいい