読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

厳選すると活躍の機会が増える

まさに定番である。

活用なんてどれだけ気に入っているかに比例する。

放置されるのは時代は去ったと言える。

思い出に執着するか、今を大切にするかは、どちらが気に入っているかである。

どっちつかずは心に問うことを避けている。

頭と心が衝突してモヤモヤする。

迷い、乱れ、散らかる。

心も頭も部屋も同じ。

心の深いところに問うていくと厳選されてくる。

厳選されれば余分なものは処分され、厳選されたものは活躍の機会が増える。