読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦友

今週は遅番勤務

ま〜早番でもそうだけど、仕事の始まる3〜40分前には、食堂でコーヒーなんぞすすって、仕事前のリラックスタイムとシャレこんでいる。

今日もそんな風に過ごしていると、研究所に近い入り口から見覚えのある御仁が登場。

その方とは、以前群馬の総社事業所から、生産移転をする製品を藤沢地区に移すために、半年ほど「かの地」へ赴き業務内容を把握すべく頑張っていた。

その中に、奈良に有る工作機メーカー殿向け「VT250」と言う弊社製品が有った。

この製品が全くの「曲者」で、組んで試運転するとNG、バラシて組み直してまたNG。

そんな製品を、私とその方K氏に押し付けられた。

組み立てが難航して、納期に間に合いそうになくなると、製造課長の言いぐさが「出来ね〜じゃね〜やるんだ!」ってこれしか言わない。

困り果て、設計者を呼んでもらって「使ってる部品の相性が悪いんじゃね?」と言っても、話しをはぐらかす。

最低の設計者。

当時はドミトリー(寮生活)で、勤務は普通番の08:00〜深夜番の夜食タイム02:30まで連日働いた。

勿論、土曜も出勤。

髭を剃る意欲も無くボ〜ボ〜になる。

そのお陰で、神奈川へ帰る意欲も無くなり、半ば「鬱」状態。

そんな様子を見て居た「ヘラブナの師匠」が、可哀そうだとヘラブナ釣りを教えてくれた。

弊社に勤務して、今年で32年

今までで、一番苦しい時代を、K氏に励まされつつ乗り越えられた。

そんなK氏も私の3つ上

シニアでも忙しくされている。

「最近はどうなの?」と心配して下さる。

私は「は〜ボチボチやってますよ」

K氏は、奥様がご病気で仕事が引けると、買い物をしてご自分で調理されるとか

ご自分が大変なのに、私如き者の心配をしてくれる。

食堂で早番の時はお目に掛かるけど、早番と普通番の食事時間が違う事から、すれ違いざまのお話ししか出来ていなかった。

そういう意味でも、今日はゆっくりお話しが出来た。

「アノ時は大変な思いしたね」が合言葉のよう

今度は何処か飲みにでも行こう!と言って下さった。

合気道の有段者のK氏

いつまでも元気で居て下さい。

ちょっと重い内容になっちゃった!

お気楽な感じで!

https://www.youtube.com/watch?v=sEXHeTcxQy4

Voが不思議の国のアリスに出て来る「マッドハッター」似

さ〜て、GW突入まであとあと3日

色々楽しみでんな〜