読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本の予約

 本屋さんにジャック・ヴァンス トレジャリーの三巻目「スペース・オペラ」を予約することにした。

 いつもなら、ネットで予約して朝四時までやってる本屋さんに取り寄せる。この本屋さんが発行しているポイントカードは、500円ごとに1個もらえるスタンプを40個ためると、1000円分のチケットとして使える。つまり、500円に付き25円引きなのだ。

 まあ、マンガや雑誌を除くと、かなり成人向けの書籍やDVDに特化しているお店ゆえのお得なポイント制なのだが、私は純粋に営業時間が自分にとって便利なのと、ネットで本屋指定の注文ができる店なので利用している。

 「スペース・オペラ」は2500円ぐらいだから、スタンプ5つ分で125円相当。ただし、5つ押してもスタンプは貯まりきらないので一銭にもならない。

 で、今回は読みたいときに夜中でも取りに行く……ってタイプの本でもないし、まだ発売されてないやつの予約だから、駅にある本屋さんで直に予約してみることに。

 というのも、駅に付随する商業施設は毎週金曜日にポイントが5倍になるのだ。こちらは100円で1ポイントのが5倍だから、金曜日に取りに行けば、250ポイントになる。しかも、こちらはいつでも1ポイントは1円として使えるので、ちょっといいかな〜と。

 で、病院へ行く途中、書店へ。

 出版社も書名も著者名も告げたのだが、なかなか予約ができない様子。

 若い店員さんが「本が見当たらないんですよね」と言って困っている。でも、あるはずなのだ。だってAmazonなら予約できるんだし。

 で、店員さんは、国書刊行会に直接電話をかけてISBNコードを聞いた。な、なんかすげえ。そして取り次ぎに相談し、直に取り寄せる話になって、また国書刊行会にかけて……みたいなことをして予約完了。出版社を知らない感じだったが、まあ、本屋さんの経験値を上げられたと思えば……ね。

 良い人だったし、私も国書刊行会の本を予約するの初めてだったの面白かったし。

 あとは、これを上手い具合に「金曜日」に取りに行くだけなんだが……。

 できるかなあ。

 24日配本だから、26日には届いてくれると思うんだが、そうじゃないと一週間後に取りに行くのも、ねえ……。

 あっ、来週は27日も5倍だ。チャンスはあるな。